介護のかっこいいをつくる!

インタビューInterview

上手くいかない時こそ目標達成する為にどう改善策を練り、どう行動を移すか。一つ一つ取り組む事に意味付けをして考えている自分が一番成長を感じます。

  • インストラクター
  • 2013年度
  • 中途採用

橋本はしもと 英樹ひでき

全くの異業界(スポーツクラブ)からの転職だそうですが、リハテラスに応募しようと思ったきっかけは?

スポーツクラブで勤務している時に最近、お客様で杖を使用している方が多いと感じていました。
実際にお客様と会話してみると「これ以上、身体を悪くしたくないのよ。いつまでも自分のやりたい事ができる身体でいられるって幸せよ。」と言われた時に、「僕が相手の幸せに寄り添えられる仕事がしたい!」と思った瞬間です。
そんな時に、リハテラスのHPを拝見しました。利用者様がリハビリをしている姿の写真を見て、運動を楽しく行ってる利用者様の表情が、とても楽しそうで明るい印象を受けました。
その時、僕も同じ現場で働いてみたい!自分で利用者様の笑顔を引き出してみたい!という思いが芽生えてリハテラスに応募しました。

入社前に一番不安だったことは何ですか?どうやって解決しましたか?

何しろ介護業界は全くの未経験でしたので、ジムのインストラクターやスイミングのインストラクターの経験しかなかったので、不安しかありませんでした。
不安というのは未経験だからという理由もあると思いますが、それ以上に周りのスタッフとの関係性が僕にとって大切と感じました。
自分を助けてくれる人や協力してくれる人が身近にいるって、皆さんはどう思いますか?僕はとても心強くなれます。もちろん安心して仕事ができるのもあります。そして、自分も頼りにされたいから頑張ろうと思います。
自分の周りにいる人とたくさん会話したり、たくさん教えてもらったりして、仕事に取り組む事が、自分を創っていくはじめの一歩だと思います。
僕は、とにかく先輩スタッフたちとの接点を多く持って、わからないことを全部聞きにいきながら一つ一つ仕事に取り組んでいきました。本当にリハテラスの先輩スタッフは優しすぎるぐらい優しいです。笑

一番成長を感じるときはどんなときですか?

今は何事も上手くいかない時です。
上手くいかない時こそ目標達成する為に、どう改善策を考え、どのように行動に移すか。
一つ一つの業務への取り組みに、やる意味や目的を明確にして、頭を使っているときが一番成長を感じます。

介護業界未経験の中途の新人へメッセージをお願いします。

最初は誰だって、「できない、知らない」という地点からのスタートです。
大事なのは何事も恐れず、チャレンジ精神を持って仕事に取り組むことです。全ては自分次第!!!!